美味しい完熟ブルーベリーを、時間無制限の食べ放題で楽しんでいただけるブルーベリー園。関西・滋賀県でブルーベリー狩りなら、「ブルーベリーガーデンいまきの」へ。

滋賀県高島市マキノ町大沼693−3
JR湖西線、近江中庄駅から徒歩12~3分です。【駐車場あり】

お気軽にお問合せください

090-7879-1662

営業時間

10時~17時(月~水は休園)
7月17日、8月14日~16日は営業します
 

代表者ごあいさつ

代表者ごあいさつ

ブルーベリー観光農園をなぜ?

代表者 下市努
(2016年撮影)

 「ブルーベリーガーデンいまきの」のホームページにお越し頂きまして誠に有り難うございます。
 私は、昭和24年生まれのいわゆる団塊最後の世代です。厳しいけれども希望に満ちていた高度成長期に、自動車メーカのホンダ技研等で設計エンジニアとして10数年働き、その後弁理士の資格を得て特許事務所を30年運営してきました。団塊の世代特有の強い上昇志向を持って緊張感の中でガムシャラに働きました。
 ふと気がつくと、残り人生長くても20年足らず。今後はもう少しゆったりとした仕事をマイペースでやりたいと考えるようになりました。それには空気がきれいで時間がゆっくり流れる田舎で、多くのお客さまと直接触れ合える、今までとは全く違った仕事をライフワークにしたいと思えてきたのです。

何故ブルーベリー観光農園なのか?
ブルーベリーは、外国産の冷凍物が大部分です。加工食品としては、サプリメント等の形で広まっていますが、樹になっている生のブルーベリーを直接手で採って食べた経験のある人はまだ少数ではないでしょうか。完熟ブルーベリーの美味しさは格別です。この美味しさをできるだけ多くの方に堪能してもらいたい。それにはブルーベリー狩りを気軽に行える観光農園が最適だと考えます。
 2009年の夏に琵琶湖の東岸で運営されていた農園にブルーベリー狩りに行ったのですが、そのとき生のブルーベリーの美味しさに感激したのを覚えています。そして、偶然たまたまなのですが、2010年に琵琶湖の西岸近くに比較的広い土地を安くで入手する機会に恵まれたこともあり、これはブルーベリー観光農園を始めるべき運命なのだと思い込んだのです。そのとき家族も不安はあったと思いますが、快く賛成してくれました。
   
   ブルーベリーは、野性味を強く残していて害虫にも強く、農薬をほとんど使用することなく収穫でき、生産者から見ても身体にやさしい果実であり、また果実も1個当たり2-3gと軽いし、樹高も1.5m程度と低く抑えることができるので、還暦過ぎであっても問題なく運営できると考えています。
   また、ブルーベリーは、実が軽く、また当園では樹の高さをと低く抑えていますので、就学前の小さなお子さんでも簡単に摘み取って食べることができます。

   

 

ブルーベリーへの思い入れ

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-7879-1662

受付時間:10時~17時(毎週月~水は休園です)
8月14日~16日は営業します。